21世紀の総合交通体系 - 経済企画庁総合計画局

世紀の総合交通体系 経済企画庁総合計画局

Add: uramasaw49 - Date: 2020-11-20 23:57:44 - Views: 2054 - Clicks: 755

1 基本的な考え方. 内容:総合交通体系に関する答申(運輸政策審議会) 21世紀の総合交通体系 - 経済企画庁総合計画局 同解説,総合交通施設整備計画策定の方法(総合交通施設整備計画策定グループ) 参考資料 総合交通体系に関する中間報告(運輸政策審議会) 総合交通体系における道路交通管理(昭和46年9月警察庁) 総合交通政策. アジェンダ21Agenda 21 (1992年リオサミット) 第5次全国総合開発計画National Design のための指針Guideline (年2月国土庁) 境動計デ事業 ・沿岸域の総合的な管理計画 ICM 次 国総合開発計画 21世紀の国土のグランドデザイン. 1.目的 「まち・ひと・しごと創生総合戦略(改訂版)」(平成30年12月21日閣議決定)では、「地 方創生の新たな展開としての飛躍に向け、次期の総合戦略策定の準備を開始する」とされ. 特定地域への企業の集中により資本、労働、技術等の諸資源の地域的な偏在を引き起こし、それ以外の地域において外部経済の集積を阻害し、それが相乗して経済活動を鈍らせ都市化、工業化の停滞をもたらすこと。 を挙げていた。 これらの問題が生じた大きな要因は、経済発展の原動力である工業の配置の偏りにあるとして、その解決手段として工業の分散の必要性を打ち出した。これを実施するに当たっては、広く薄くではなく、開発効果の高いものから順に集中的になすべきであるとして「拠点開発方式」を打ち出した。開発拠点を設けて重点投資することにより、その地域に新たな産業を根付かせて雇用をもたらすことにより地域経済の増進を図ることが狙いである。 拠点開発方式の具体的手段として、1961年(昭和36年)に既に制定されていた「低開発地域工業開発促進法」に加え、新産業都市建設促進法(昭和37年法律第117号)によって松本・諏訪地域など全国15地域を新産業都市(新産都)として認定。工業整備特別地域整備促進法(昭和39年法律第146号)によって鹿島地区など全国6地域が工業整備特別地域(工特)として認定された。なお、大都市圏での過大化を抑えて地方への産業立地を促すため、工場等制限法(首都圏1959年、近畿圏1964年)が制定されている。. 企業の過度の集中により集積の利益が薄くなり密集の弊害を生ずるに至ること。 2.

広域圏計画の策定・関西の広域連携に関すること。 関西国際空港の計画推進及び関連施設の整備に関することなど。 鉄道網の整備に係る調査、企画及び連絡調整に関すること。 総合交通体系に係る調査、企画及び連絡調整に関すること。. 技術企画課: ひょうご21世紀交通ビジョン: 平成7 (1995)年 10月: 令和年: 年を目標年次とする陸・海・空の総合的な交通体系の整備指針: 交通政策課: ひょうご公共交通10カ年計画: 平成年 4月: 令和4 ()年 3月. ※澤 昭裕 氏(21世紀政策研究所研究主幹)から変更; 松野 大輔 氏(経済産業省資源エネルギー庁 長官官房 総合政策課 戦略企画室室長) <コーディネーター> 橋本 登代子 氏((有)ボイス オブ サッポロ代表取締役、アナウンサー) 全国総合開発計画では、当時日本国の経済の問題点として、 1. 経産局企画課長 山田 良明 運輸局企画振興部長 竹田 聡 運輸局環境・安全課長 浅野 忠信 農政局企画調整室長 西田 宏 運輸局交通環境部長 碇 孝浩 中部地方整備局長 大村 哲夫 三重県県土整備総務室主査 下田 二一 花 三重県総合企画局 主幹 中部経済連合. 第三次全国総合開発計画 (三全総) 第四次全国総合開発計画 (四全総) 21世紀の国土の グランドデザイン 閣議決定 昭和 37 年10月5日 昭和 44 年5月30 日 昭和 52 年11 月4日 昭和62 年6月30 日 平成10 年3月31 日 策定時の 内閣 池田内閣 佐藤内閣 福田内閣 中曽根. また同時に、環境やエネルギー問題、災害への備えなど交通を取り巻く様々な課題への対応も求められています。 このため、おおむね年を目標とした総合的な交通体系指針である「ひょうご21世紀交通ビジョン」に基づき、交通基盤整備等に取り組んでい. 社会資本整備の新しい段階 戸嶋 英樹: 経済企画庁総合計画局計画官 : 全国総合開発計画の基本要素と. 2)となり、URLが以下のとおり、「 https:」に変更となりました。.

第2次大戦の終結から75年。この間の世界は、総じて言えば、米国が主導する平和と繁栄の時代だった。日本もその恩恵を享受してきた。だが. 観光産業は、世界的にみて成長性の高い産業であり、また波及効果の裾野が広い産業であります。今後我が国が本格的な少子高齢化社会を迎えるなかで、観光産業は、従来にもまして重要な役割を担い、経済活性化への切り札であり、21世紀の我が国の有力な成長産業の一つとして期待を集めて. 総合環境政策統括官グループ: 環境経済課: 令和2年6月: 地球温暖化対策のための税について: 総合環境政策統括官グループ: 環境経済課: 平成28年4月: グリーン購入法の特定調達物品等における表示の信頼性確保について pdf 4. 第2項 計画策定の論理 「総合社会政策」の概念と視点 総合社会政策基本問題研究会報告書 「総合社会政策を求めて」 経済企画庁国民生活政策課編 昭和52年 第2章から引用 40年前の文献だが基本的な課題がまとめられている。. 堀口(03-3581-0764) <目次> 1. はじめに. 0mb 総合環境政策統括官グループ. 令和2年12月15日、小此木内閣府特命担当大臣(防災)は、第6回防災推進国民会議に出席しました。 第21回FNCA大臣級会合 令和2年12月10日(木)に第21回アジア原子力協力フォーラム(FNCA)大臣級会合がオンラインで開催され. 21世紀に向けた交通サービスの高質化・多様化等に資する基礎的研究.

同55年経済企画庁入庁、平成8年経済企画庁総合計画局計画課計画企画官、同10年国土庁計画・調整局計画官、同14年内閣府大臣官房参事官、同16年. しかしながら, 来たるべき21世 紀の高齢 化社会に向かって貯蓄率が高く投資余裕のある今のうち にまだまだ不十分なわが国の社会資本整備に取り組むべ きだ, という声も経済企画庁をはじめ世に高まっている. 中立的機関主導で リニア実験線で提言 企画庁研究会 「リニアモーターカーは中立的機関の主導で実験線建設を急ぐべきだ」――経済企画庁が総合計画局内設けた「21世紀の総合交通体系研究会」(座長、吉田達男と市研究公室事務理事)は4日、今後の総合. (令和元)年11月更新 Update,November,. 最後に,計画の策定に当たり,ご尽力を賜りました札幌市長期総合計画審議会委員および総合企画調査専門委員をはじめ, さまざまな意見をお寄せいただいた市民の皆様に心からお礼を申し上げます。 平成12年1月 はじめに 目 次 第1編 第1部.

国民経済計算は、我が国の経済の全体像を国際比較可能な形で体系的に記録することを目的に、国連の定める国際基準(SNA)に準拠しつつ、統計法に基づく基幹統計として、国民経済計算の作成基準及び作成方法に基づき作成されています。 「四半期別GDP速報」は速報性を重視し、GDPをはじめ. この21路線計画は、震 災復興事業計画としての性格が強く、1923年度からの6か年事業として、事業決定も同時に行われた。土地区画整理事業 については、対象区域を13地区に区分し、6地区を国の復興局、7地区を本市が施行することとなった。事業は1929年. 出典:(財)日本不動産研究所「市街地価格指数」、経済企画庁「国民経済計算」に基づき国土庁計画・調整局作成。 (注1)市街地価格指数変動率は各年3月における市街地価格指数の対前年同期変動率。. *「塩山市21世紀まちづくり推進室委員会」委員(塩山市)年 *「ユーザーの視点に立った道路工事マネジメントの改善委員会」委員 (国土交通省道路局、警察庁交通局)~年 *「小田原市総合計画審議会」(小田原市)~年.

経済企画庁: 11. 経済企画庁 総合計画局 「情報通信及び交通関連社会資本の整備に関する研究会」 (スマートインフラ研究会) 問合せ先:経済企画庁総合計画局社会資本班. ^ カスリーン台風(1947年)、アイオン台風(1948年)、ジュディス台風(1949年)、キティ台風(1949年)、ジェーン台風(1950年)でそれぞれ死者・行方不明者160名以上、家屋全半壊戸以上の被害を出した。.

全国総合開発計画(ぜんこくそうごうかいはつけいかく)は、日本国土の利用、開発及び保全に関する総合的かつ基本的な計画であり、住宅、都市、道路その他の交通 基盤の社会資本の整備のあり方などを長期的に方向付けるものである。. 名古屋市総合計画(計画期間:令和5年度まで) 名古屋市総合計画(計画期間:平成30年度まで) 名古屋市中期戦略ビジョン(計画期間:平成24年度まで) 名古屋新世紀計画(計画期間:平成22年度まで). この時代は日本経済が拡大を続け、成長の恩恵があった。いわば、パイが大きくなり、皆が幸せになれる時代とも言えた。佐藤栄作内閣は「社会開発」を掲げた。過密・過疎、公害等の弊害が顕著になってくるのはこの計画末期のことである。 太平洋ベルト地帯「以外」への工業分散を目標として、現実に全国において「工場地帯」の進出がいくつかは進んだが、それらはほとんどが当初は重化学工業であり、その後の石油危機、経済の安定成長、国際競争を経験し、規模・雇用者は当時からは大きく減らしている。40年後の今日、ふりかえって現実をみると、太平洋ベルト地帯の中でも関西圏や北九州の地盤沈下が目立ち、ベルト地帯のその一部に過ぎない首都圏への一極集中(東京一極集中)が進んでいる。 「均衡ある発展」はこの計画の策定当時からの課題であったが、以後、5次にわたる計画においても克服されていない。むしろ、近年では一律に「均衡ある発展」を目指すのは無理があるとの理解のもと、「特色ある発展」と言い換えられるようになっている。 なお、地方開発拠点は、工業開発拠点と並んで強調されたものの、その後具体的な施策の進展はみなかった。. ・沖縄県総合交通体系基本計画 / (県企画部交通政策課) ・通信量からみた我が国の通信利用状況 / (総務省) ・通信利用動向調査(インターネットの利用状況、被害状況等) / (総務省総合通信基盤局).

See full list on wpedia. 総合外交政策局 経済局 ex. 国土を総合的に利用,開発,保全し,同時に産業立地の適正化,国民福祉の向上をはかる計画,施策をいう。 国の経済政策に地域的な要素を導入しようとする試みは,昭和初年の大量失業の時代,第2次世界大戦中の国土計画にもあったが,地域計画としての開発計画が本格的に取上げられたの. 第二次世界大戦後の貧困に喘いでいた日本は、食糧増産を含めた国民が生活できる環境づくりが急務であったが、戦後間もない1947年 - 1950年(昭和22年 - 昭和25年)にかけて毎年台風による大規模風水害が襲来し注釈 1、多数の死者・行方不明者や家屋損壊をだした。このような中で、1950年(昭和25年)に全国総合開発計画(全総)の根拠法である国土総合開発法が公布されたが、具体的な計画の策定・実施には至らなかった。その当時もっぱら特定地域総合開発計画の策定、推進に重点がおかれていた。「全国総合開発計画」的な全国を対象とした構想は持たなかった。 一方、朝鮮戦争による特需をきっかけに日本経済が「復興」から「成長」へと向かったことから、特定地域にとどまらない「全国」「日本列島」を対象とする「総合」的な開発計画の必要性の気運が高まっていった。 こうしたなか、1954年(昭和29年)に経済審議庁計画部から『総合開発の構想(案)』が発表された。国土総合開発法に基づく「全国総合開発計画」として位置づけることを目指して作成され、目標年次を1965年(昭和40年)とする総合的な長期計画であった。なお、公表された『構想』はあくまでも経済審議庁の計画部の資料との扱いであったが、日本において初の「総合計画」と評しうるものであったされる。 1955年(昭和30年)には有名なフレーズ「もはや戦後ではない」が流行語になった。 池田内閣は1960年(昭和35年)「国民所得倍増計画」を策定。この計画は「所得倍増」が強烈な印象を放つが、この中で、「太平洋ベルト地帯構想」が打ち出された。これは、太平洋ベルト地域の工業開発を重視したものであったが、その一方その他の地域からの強い批判を受けた。この頃になると戦後復興は一段落したが、1961年をピークに地方の若者が東京・名古屋・大阪の三大都市圏に流出し、大都市の過密化と地域格差の拡大がすすみ、それらを防止することが重要課題として取り上げられるようになっていた。 こうした公共投資の地域配分の片寄りをどう是正するかが、当時の地域政策の重点であったが、1961年(昭和36年)6月に通商産業省から工業適正配置構想が示され、翌7月に地域間の均衡ある発展を図ることを目標とした「全国総合開発計画」の草案が閣議了解、1962年(昭和37年)10月5日、正式に閣議了解さ. 出典:「県民経済計算報告」「県民経済計算年報」(経済企画庁)、「住民基本台帳人口移動報告」 「国勢調査報告」(総務庁)に基づき国土庁計画・調整局作成。 (注1)ジニ係数の算出には沖縄県を含む。. Ⅲ 新たな中央省庁の在り方. 2. 21世紀初頭の我が国経済社会の状況と.

/90-8a69cc253 /d24fc00dae45 /428592-271 /4f5ef7930

21世紀の総合交通体系 - 経済企画庁総合計画局

email: fatyp@gmail.com - phone:(848) 820-1478 x 3834

出入国管理統計年報 第35(平成8年版) - 法務省 - 蒔田陽平 HERO

-> インサイド財務省 - 読売新聞経済部
-> 吉野紀行 - 前登志夫

21世紀の総合交通体系 - 経済企画庁総合計画局 - 西川宏之 電気電子材料工学 電子工学ライブラリ


Sitemap 1

松本雅明著作集 詩経国風篇の研究 - 松本雅明 - 年の世界と日本 宮川公男